Mujikanen.

発見と簡単な記録

閑話休題⑥ 献血キャラクター『チッチとその他』

f:id:mujikanen:20150702223605j:plain

 

上の写真は献血マスコットキャラクター『チッチ』です。

 チッチは『ハートの泉』が湧き出る小さな島『たすけアイランド』に住んでいる『愛の妖精』です。

ようするに、心臓からが湧き出る血液をキャラクター化したものです。

他にもエイッチ、オータン、ビービー、エビリンとキャラクターが5人(匹)います。

エイッチはA型、オータンはO型、ビービーはB型、エビリンはAB型とそれぞれの血液型に対応して、性格分けまでされています。

ここで注意しなければならないのは、チッチには血液型が設定されておらず、他の4人の精霊を応援するリーダーとしか明記されていないことです。他のキャラクターの数え方は『人』ですが、チッチだけは妖精なので『匹』になります。

 

 

この数え方の違いは、いったい何が違うのでしょうか?

 

人力検索はてなでは妖精の形状によると思うがベストアンサーに選ばれています。

 

①エルフやピクシーなどの人型なら『人』

②動物型の妖精なら『匹』

 

といった具合にそれぞれの数え方が区別されています。

チッチとその他のキャラクターの具体的な違いとは

①体の大きさ

②体内の構造

といったところでしょうか。①体の大きさの呼称分けでは『動物の匹と頭の呼称分け』を参考に考えてみます。その動物の大きさの呼称分けは人間である『人を基準』に行われます。人間の大きさに近い動物が『匹』で、それ以上が『頭』といった具合に区別されているそうです。

 

 

献血キャラクターの『チッチとその他』が日本専門で活躍しているとして、日本人の平均身長を参考にして考えてみます。

 

 

上記のサイトによると身長の女性平均が154.2cmと明記されていますので、チッチ以外のその他のキャラクターは身長が154.2cm以上ある事になります。思っていたよりも結構大きいですね。逆にチッチは154.2cm以下となります。体重に関してはチッチ以外が53kg以上チッチが53kg以下となります。想像していたよりもリアルな数字です。

 

②体内の構造ではチッチ以外には具体的な血液型が割り振られているので、それぞれのキャラクターの体内に人間と同様の器官が備わっていると考えられます。勿論、各キャラクターの心拍数は1分間に60回程度でしょう。

ではチッチはどうなのでしょうか?

ここでチッチのイメージを再確認してみます。

 

 

割とリアルですね。チッチの写真がリアル過ぎてチッチが設定上『愛の妖精』である事を忘れそうになりますが、ここでは同じ妖精繋がりのアンパンマンを参考にしたいと思います。

 

アンパンマンQ&A | アンパンマン

 

アンパンマンの公式Q&Aでは答えにならない答えが述べられています。結局のところ妖精の体内構造は不明ということですね。つまり愛の妖精であるチッチの体内構造も不明ということです。

 

結論

 

愛の妖精チッチの大きさは身長154.2cm以下、体重53kg以下で体内構造不明。

その他のキャラクターは身長154.2cm以上、体重53kg以上で体内構造は人間と類似。

 

と勝手に結論付けました。

チッチのイメージは聖戦士ダンバインに登場する『チャム・ファウ』程度の大きさをイメージして下さいね。しかし、この推論ではその他のキャラクターが思いのほか大き過ぎる気がします。もし枕元に現れでもしたら少し怖いですね。

www.youtube.com

 

さらに献血ちゃんにはイメージソングと絵描き歌も用意されています。

 

 

ご当地グッズ化もされており、大阪の献血ちゃんはたこ焼きを持っています。

たこ焼きを持てる大きさなら献血ちゃん自体がそれなりの大きさなのでしょう・・・。

 

 

最後に、ここまで適当な邪推を読んで頂きありがとうございます。

これを読んでくれた方に、さらなる献血の重要性が伝わる事を願っています。

広告を非表示にする

発見と簡単な記録